「Angeだより」カテゴリーアーカイブ

フェルミエ札幌店4周年

4日は、日中はごみ捨てに行き、ケアマネージャーさんの訪問を受け、午後は博士がパソコンの環境整理をして下さいました。ただ、私が苦手ですのでいろいろ時間が掛かってしまい博士も苦戦していましたが、何とか繋いで下さいました。夜は、フェルミエ札幌店の4周年記念のパーティーがありました。アンジュのチーズ「アンジュの四季」のパイナップルとハーブもお使いいただきました。宮が丘のフレンチレストラン「コートドール」で40余名のお客様が集い、素敵なパーティーになりました。社長の本間るみ子さん、札幌店店長の星野和代さんやスタッフの方々のご準備も大変でしたでしょうが、共働学舎の宮嶋さん、八雲小栗牧場の小栗さんという生産者さん、そして素晴らしいお花を飾られたフラワリーライフの小川さんなど、ご関係の皆様ともご一緒でき、嬉しい会となりました。私たちのチーズもお気に召してくださる方たちが広がって行ってくれることを目指して、頑張っていこうと思います。

素材研

火曜日の日記も夜中です。自宅のお引越し荷物の片付けが進んでいません。お薬を飲んで多少痛みが落ち着いて来ましたが、それでもまだですね。夜8時45分からライターの園子ちゃんが主宰する素材研がありました。”深化中!道産薄力粉の食べ比べと知識”と言う題で洋菓子店の”ケイク・デ・ボア”さんが7種類の粉で”ジェノワーズ、スコーン、バターケーキ”を夫々焼いて下さいました。参加者は、皆熱心です、0時過ぎに帰宅です。

やっと・・・

八月になりました。早いですね。そして今日も夜中(2日の0時過ぎ)の日記です。朝から連絡事項が入り、品物の発送の手続きをし、あれやこれやをしながらやっと病院に行くことが出来ました。仲良しのO先生「もっと早く診ていたらね・・・」そうなのです、帯状疱疹は発疹がでてすぐに治療しなければ遅いのです。何度も繰り返しているので良く分かっているのですが、今回は(も、と言うべきかしら)色々なことが重なってとっても病院に行っている状況ではありませんでしたから、仕方ないのです。が、それにしても・・・痛み止めと筋肉を柔らかくするお薬をいただいて来ました。これが効かなければ、喉(甲状腺の横)に神経ブロックのお注射をすることになります。これがまた、痛いのです(経験済み) そして、帯状疱疹ウイルスは水疱瘡のウイルスと同じなので、水泡が破れた後は黒いかさぶたになります。いずれそれはきれいになるのですが、今は素敵(?!)な顔になっています。私はいつもあまり表面にはでないのですが今回はちょっと目立つ場所に出来ました。表面に出ないで中に籠る方が痛みは大きいので、どちらもよくはありません。とにかく落ち着くまでお薬で様子をみてひたすら我慢です。それなのに今日はまとめて色々しなければならない用事があり結局夕方遅くまであちらあこちらと走っていました。流石にちょっと仮眠を取り、今頃試食用のお菓子を焼いています。明日、東京に送ります。遅れている書類を作らなければなりませんし、何とか頑張ります!

ビーフ天国 まるっと黒松内

今朝8時15分、伏見の鍵を引き渡し、私はそのまま黒松内に向かいました。途中、パーチメントチューターの佳子さんをピックアップ。11時に黒松内農場に到着後お荷物を降ろしビーフ天国会場へ向かいました。大きくて芝生がきれいな球場には人がいっぱい!舞台では司会者とバンドがマイクを通してお祭りを盛り上げています。球場の真ん中では、ご家族やお友達のグループがバーベキューをしています。アンジュ・ド・フロマージュのブースはどこかしら?ありました、ありました。3塁側一番端に三浦先生が慣れない売り子さんをしています。チーズとチーズケーキは、それでもそこそこ買っていただけたようです。良かった、良かった。農場にはY本先生もいらしているので出店を一回りしてお昼ご飯を調達です。もう売り切れのところも有りましたが、おでんや焼きそば、ビーフの串焼きなどをゲット。売り子さん(?)にも差し上げて、後は農場のお留守クラスへお土産です。ブナ林カフェさんの移動ワゴンでコーヒーを買い、店舗でスープカレーを買い(食器をお借りし、自ら出前)お昼ご飯です。お菓子のラッピングや少しのお片づけなどをして、チーズを持って札幌へ。途中、ニセコのKさんのお宅にお寄りし、お大根、ズッキーニ、キュウリをいただき、お夕飯まで。帰りは佳子さんの運転で無事帰り着きました。今夜からは自宅兼アトリエです。