「Ange de Fromage」カテゴリーアーカイブ

春浅い農場でお待ちいたします

暖かな札幌でした。明日からの農場行きの準備の日でした。週末はパティスリー・アンジュ11周年、アンジュ・ド・フロマージュのプレオープンから1年目のパーティーがあります。ご予約がまだの皆様も、お時間があればどうぞお出かけ下さいませ。
春浅い農場で心よりお待ち申し上げます。
seiko

ドメーヌ・タカヒコ&ラ・サンテ

今夜は宮の森のフレンチレストラン”ラ・サンテ”で、余市のワイナリー”ドメーネ・タカヒコ”の曽我貴彦さんのワインとお食事の会がありました。オードブル、お魚料理、お肉料理が各二種類、チーズ、デザート、お茶にプティフールが貴彦さんの7種類のワインに合わせて出されました。まさしく”生き物”のワインと、高橋シェフのお料理は素晴らしいマッチングです。お肉料理には貴彦さんのワインを使って作った私のジャムをソースにして下さり、チーズ三種は全てアンジュ・ド・フロマージュをお使い下さいました。その上デザートのレーズンバターサンドにもアンジュの醗酵バターをお使いくださっています。貴彦さんは東京でのワイン会にもアンジュのチーズをご紹介下さっていますし、高橋シェフも以前からお世話になっていて、私たちのチーズは素晴らしい場面に並べていただきました。同じテーブルのお客様とも楽しい会話が弾み、心から楽しい食卓でお心のこもったおもてなしをいただけ本当に良い時間でした。コーディネーターはワインのマルヤマヤさん。ご参加の方たちは皆様、改めてラ・サンテの高橋シェフと貴彦さんのファンになったことでしょう。これからの北海道の食卓が楽しみです。
seiko

山羊の写真が目印です

地下街オーロラタウン小鳥のひろば前、札幌商工会議所コミュニケーションスペースでのチーズ販売に”さくらチーズケーキ”をお出ししています。アンジュ・ド・フロマージュのブースは冷蔵庫一台。農場の山羊の写真が目印です。明後日まで、どうぞお出かけ下さいませ。今夜はお客様、久しぶりの楽しい語らいに時間の経つのも忘れていました。長い、短いお付き合い、時間ではありませんね。
seiko

ミルク&ナチュラルチーズフェア2012

今日は東急百貨店の「ミルク&ナチュラルチーズフェア2012」に行ってきました。チーズコンシェルジュの石川尚美さんが、期間中毎日お客様にチーズのご案内をしていらっしゃるのです。今回初めてアンジュ・ド・フロマージュのチーズも出させていただいています。生産者さんがご自分でブースを出店していらっしゃるところもありますが、アンジュは製造に集中して尚美さんにお預けしています。今日は初日と言うこともあり、陣中見舞いかたがた行って来たのです。八雲の小栗牧場の奥様の美笑子さんがご主人の育てた優秀な乳牛の出すミルクで作られたチーズも初出品されています。そこで美笑子さんも今日は八雲からいらっしゃると言うことで待ち合わせをしてご一緒しました。尚美さんは一日一回、ステージで生産者さんやメディアやインターネットブログの人気のある方たちをゲストにお話をされるそうで、今日は美笑子さんと私が生産者としてチーズと一緒にちょっとインタビューを受けました。初めてのことで緊張しましたが、お客様に自分のチーズをきちんとお伝えする場を頂いたのですから、何とかお話しました。会場にはお友達の生産者さんたちもいらして、それぞれがご自分たちの作ったチーズを販売していました。みんな頑張っています。私もそれぞれの生産者さんのチーズをお買い物。アンジュのチーズはその場でカットするのに、ハードとウオッシュ(リヴィエール・ルージュ)、一個売りにモッツアレラとアンジュの四季(二個セット)を販売しています。アンジュの四季のお隣には、同じく黒松内のトワヴェールのクリームチーズが出ています。今日26日から2月1日(水)まで、札幌東急百貨店の9階催物場で開催しています。
seiko

今年最初のチーズ作り

朝7時、チーズ作りのために函館へ。Y本先生の工房で今年初めてのチーズ作りです。パルミジャーノレッジャーノを180キロのミルクで作ります。一年半から二年の」熟成の後カットする予定です。その後、チーズの先達、近藤さんとこれからのチーズ業界のこと、アンジュ・ド・フロマージュの将来についていろいろとお話をしました。改めて「頑張らなくては!」
seiko

農場のクリスマス Live at Cheese Factory

木箱 & ISOBECK! Live in 黒松内
農場のクリスマス -Live at Cheese Factory-

2011年12月10日(土)

[時間] 開場15:30  開演16:30

[場所] アンジュ・ド・フロマージュ
北海道寿都郡黒松内町字赤井川114番地
http://ange-seiko.com/

[料金] 前売り/2,500円 当日/3,000円
(小学生以下1,500円/ドリンク・軽食別)

豊かな自然に囲まれ、国の天然記念物にも指定されているブナの森を有する黒松内町。その地に、この春オープンしたチーズ工房「Ange de Fromage(アンジュ・ド・フロマージュ)」にて、ライブイベントを実施いたします。出演は札幌を拠点に活動するエレクトロニカ・ユニット木箱(きばこ)と、スモゥルフィッシュのボーカルとしても活躍中のISOBECK!(イソベック)会場装飾には、札幌在住のモビール・アーティスト「jobin.」また、札幌の映像アーティスト斉藤幹男が黒松内町の子どもたちと制作した映像を使ったライブ上映(VJ)で空間を彩ります。
当日のみ、[木箱のケーキ]、[ISOBECK!チーズ]の限定販売もあります!

[主催]
アンジュ・ド・フロマージュ

[出演]

木箱 (きばこ)

2004年札幌で結成。SAyA(サヤ/Vo&Key,Programing,etc)と西村サトシ(ニシムラサトシ/Programing&Gt.etc)の二人による札幌在住のユニット。エレクトロニカを基調に他ジャンル要素を配合し実験的且つ緻密にアレンジされたトラックにvo.SAyAの透明度の高い声が融合され独自の世界感を放っている。
2007年8月には、北海道最大の野外フェス「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO」の公募選出ステージ”RISING★STAR”(@GREEN OASIS)に839組より選出され出演。その後大阪FM802主催の「MINAMI WHEEL 2008」に出演し、その年の注目アーティストとしてプログラム・ガイド誌 などにもクローズアップされた。ライブでは映像や装飾などの空間演出にも力を入れており、札幌市青少年科学館のプラネタリウムでのワンマンライブやモエレ沼公園内ガラスのピラミッドでの自主企画イベント「マドロミロニカ」なども開催しアートと音楽の融合を図った活動を独自に展開している。2010年にはVictor BabeStar RecordsからAlbumを2枚同時リリースし、メジャーデビューを果たす。http://kibaco.net/

ISOBECK!(イソベック)

本名 磯部和宏。札幌を拠点に活動するロックバンド『スモゥルフィッシュ』のボーカル。フォークを基盤とした楽曲、日本語を大切にした歌詞は多方面から高く評価される。またギタリストとしての評価も高く、様々なアーティストのレコーディングに参加、KICK THE CAN CREWのLITTLEのバックメンバーを努める経験など、豊かな経験を持つ。現在ソロアルバム『folk is mind』が絶賛発売中!!

jobin.

造形作家 1976年生まれ。札幌在住。木箱のライブ装飾、ジャケットアートワークに参加、JOINALIVE ライジングサンロックフェスティバル等の音楽イベントにて装飾にも参加する。毎春のpaterとの二人展、ハルナデ展をはじめ,モエレ沼公園アルテピアッツァ美唄等で展示を行う。2011年11月末から3月頭まで芸術の森美術館で開催中の札幌美術展[Living Art日常]にて展示しており、12/13~25までTO OV cafe(札幌)にて個展を開催する。

斉藤幹男
1978年札幌市生まれ。2002年より2007年までドイツ、フランクフルトのシュテーデル芸術学院にて映像、写真を学びその後渡英。2009年より活動の拠点を札幌に移す。手描きのアニメーションや、写真などの素材をコラージュした映像を制作している。個展『The Pencil of Nox』(Gallery Anita Beckers、フランクフルト、2007年)、『Four Essentials of the Film』(Gallery The Old Ship、ロンドン、2008年)。

[予約、お問い合わせ]
011-252-2333 (クオリティツアーズ 日交旅行サービス札幌営業所)
当日は札幌駅北口から、会場までの送迎バスを運行いたします。往復チケット代金2000円(要予約)
お電話での予約、お問い合わせは上記にありますクオリティツアーズまでお願いいたします。

札幌~小樽~小沢~アンジュ・ド・フロマージュ(黒松内)
往復料金/2,000円(要予約・定員45名/小沢から乗車のお客様は往復1,500円)

(札幌から)集合場所/札幌駅北口鐘の広場(ドトールコーヒー横) 集合時間/12時50分
(小樽から)集合場所/小樽運河プラザ前 集合時間/13時50分
(小沢から)集合場所/小沢駅前 集合時間/14時50分

<行き>札幌13:00→小樽14:00→小沢15:00→黒松内16:00
<帰り>黒松内19:00→小沢20:00→小樽21:00→札幌22:00

<チケットお取扱い>
-札幌-
TO OV cafe 011-299-6380
(南9西3丁目2-1マジソンハイツ1F)
musica hall cafe 011-261-1787
(南3西6丁目10-3長栄ビル3F)
-黒松内-
アンジュ・ド・フロマージュ 0136-75-7400